重宝されるrubyエンジニアの特徴

rubyエンジニアとして重宝されるのはプログラミング以外のことについてもある程度の知識がある人です。なぜなら、rubyエンジニアは少人数のベンチャー企業に雇われるケースが多いからです。また立ち上がったばかりのベンチャー企業では人員が足りずに今いる人たちですべての作業をこなしていかなければならないこともあります。ですから、オフィス機器のネットワーク構築からメンテナンスまで担当することは珍しくありません。ネットワークからデータベース、セキュリティのことまである程度でも知識があれば、需要は通常よりも大きくなります。もちろん、rubyについてのスキルが高い人が重宝されるのは言うまでもありません。応用力があれば、数々のトラブルも乗り越えていけるでしょう。発想力がある人材なら会社の中ででも存在感を発揮することができます。
他には体力があって長時間作業を難なくこなすことができる人も重宝される傾向にあります。納期前には長時間労働をするのが当たり前です。そうしたときに疲れたとも言わずに仕事を消化していける人は経営者からの信頼も勝ち取りやすいです。基本的に作業スピードが早い人は、多少スキルが未熟でも歓迎されます。日常的なプログラミング自体はそれほど高度なものにならないからです。最低限動けばコードが多少荒くても問題視されないのが特徴です。無駄なコードを整理している時間があれば、次の仕事をこなす方が生産性は高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です