海外でも拡大するrubyのエンジニア人口

多機能なスクリプト言語としてrubyが登場し、多くのエンジニアが開発言語として採用しています。開発会社でもこのスクリプトを利用してサービスの開発を行う事例が増えています。これからもっとこのスクリプト言語が開発で用いられることが予測でき、開発者人口拡大が期待できます。この傾向は日本だけに留まらず、海外でも確認できる現象です。これまで技術開発分野で用いられてきた言語は海外産が多くを占めました。
しかしrubyは国産の開発言語であり、日本発で世界に認められたスクリプト言語です。今では世界中にこのスクリプト言語を用いている開発技術者がいます。こうした世界規模での人口増加から、開発に関する有益な情報を多く手に入れられるメリットがあります。プログラミングにおいては情報量がなにより大切です。技術情報が豊富なプログラム言語は開発者に支持される傾向が強いです。技術者同士の情報交換が盛んで、ますます開発者人口は増えます。開発エンジニアとしてrubyを修得しておけば、なにかと使える場面が多いです。また技術者向け求人案件でも選択肢が広がるでしょう。これから何らかの開発用言語を習得しようと考えるなら、このスクリプト言語が有利です。初心者向けの情報も多く、また将来に開発の仕事を探す上でチャンスが大きいでしょう。日本のみならず海外にも仕事の機会が見つけられるため、グローバルな舞台で技術者として活躍できる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です