Web業界で重宝されるrubyエンジニア

rubyエンジニアはrubyという言語を使用して開発を行うプログラマーです。この言語はオブジェクト指向のスクリプト言語で、主にWebページの中に組み込まれたプログラムの設計を行います。Webページを作るに当たり、Webデザイナーをはじめとした関連技術者と連携を取りながらプログラミングを行うのです。
Webの中でも言語処理を行ったり、複雑な計算を行ったりする機能を組み込むことができるのがRubyという言語の特徴です。元々はWebページに複雑な処理を組み込むにはJavaスクリプトが採用されることが多かったですが、本言語の登場によりプログラムが簡素化され開発スピードが速くなりました。加えてインタープリター言語であり、コンパイルせずに実行することが可能でデバッグが容易になったためJavaスクリプトに取って代わるようになりました。そのため、Webページ開発においては頻繁にRubyが使用されるようになり、この言語を習得しているエンジニアは幅広い活躍を見せています。今後もしばらくはこの言語がWebページ開発の中心的なスクリプト言語となりそうです。また、オブジェクト指向のプログラミング言語なので開発資産を後に生かすことができ、経験を積むたびに設計資産が増えるため、その設計資産を生かすことで開発のスピードはどんどん上がっていきます。これからも、この言語を習得しているエンジニアはWebページ開発業界にて重宝される存在となるでしょう。この重宝されるRubyについて更に詳しく知りたい方はこちらを参照してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です